通販サイトで購入しよう!使いやすい文具たち

ルーズリーフの使い方

一般的に、学生時代に多くの方がルーズリーフを使っていたのではないでしょうか。しかし、なぜか社会に出てからは、メモする用紙は、ノートや手帳に変わってきます。鉛筆やシャープペンシルもそうですが、社会人になってからはなんとなくですが、ボールペンを使うようになります。これは、上司や先輩に使うなと言われたわけではなく、社会人なってから使う人が居なくなったからです。しかし、学生よりも社会人の方がルーズリーフの使用をおすすめします。

思わず手に取りたくなる文房具!見た目や使い心地にもこだわりがある

文房具

綺麗にまとめられます

学生時代、勉強の進め方は、学習要項に従って進められます。なので、ノートにメモをする時も順序よく書いていけば良いのですが、社会人になると仕事業務の内容はバラバラになります。タスクはいつでも並行にして動くので、様々な情報が入り、ノートにメモをとっても、どこに何を書いたのかわからなくなります。自分で理解できるように整理すれば良いのですが、後回しになってしまうこともあります。そこで、最適なのがページの入れ替えや差し替えができるルーズリーフがおすすめです。

進化しています

ルーズリーフは、主に大学生が使うイメージで社会人になってからは、購入する機会も減ることでしょう。今、文具の通販サイトでは、人気の商品となっています。ルーズリーフは、情報の差し替えのしやすさが売りですが、少しの情報のために新しいルーズリーフを1枚追加するのはもったいないです。しかし、最近は、はがきより小さいサイズのルーズリーフが出ており、好きな場所へ追加できるようになっています。用紙は、無地や方眼、画用紙など様々な種類があります。

書き心地で選びましょう

ルーズリーフはの用紙は、どれも一緒じゃないの?と思う方が多いはずです。用紙の種類としては、サラサラ書ける用紙としっかり書くことができる用紙の2種類があります。さらさらタイプは、表面がすごく滑らかでペンがスラスラと進みます。早い筆記を求められる業務があれば、さらさらタイプを使ってみましょう。しっかりタイプは、ペン先が用紙に食い込むのが感じられます。文字を書くスピードは遅く感じられますが、ゆっくりと書くことで安定した字が書けます。

新しい綴り方

ルーズリーフの良いところは、必要な情報をどんどん増やしていくことができます。しかし、短所として、大量の用紙を綴るため、バインダーのリングや表面が膨らんでしまいます。荷物が多いと、鞄の中でかさばってしまい重くなります。これを進化させたルーズリーフがあります。ルーズリーフ用紙の上辺を糊でつけてまとめたノートと、収納するホルダーが登場しました。書くときは、普通のノートように書き込みます。書き終えたら、家に帰ってバインダーへ綴るだけです。とにかく使いやすくて、文具の中でも人気があります。

情報をきちんと整理することが大切

自分で書いたノートの内容を理解できるようにするためには、タスクごとに整理する必要があります。そういう使い方をするためには、ノートよりもページを入れ替えたり、差し替えたりすることができるルーズリーフを使うことをおすすめします。

父の日について

父の日には、感謝を表す日としてお父さんへギフトを贈る習慣があります。父の日は、一体いつなのでしょうか。これは、日本だけにある行事なのでしょうか。早速、父の日に関するさまざまな疑問を調べてみました。

父の日に喜ばれる雑貨ギフト一覧

シェービングソープ

お父さんには、歳を重ねてもいつまでも清潔でいてほしいものです。毎日髭剃りをするお父さんには、外国製のシェービング用ソープをプレゼントしましょう。シェービングソープは、細かな泡立ちが髭をそりやすくしてくれます。シアバターなどの保湿成分が配合されたタイプなら、ひげそり後のお肌もケアしてくれます。

上質なボールペン

雑貨ギフトの代表は、ボールペンです。とくに40代から50代以上のお父さんは、携帯にスケジュールを登録するよりも手帳に書くことを習慣にしている方も多いでしょう。ボールペンは使えば使うほど味わいのでる素材感を選ぶと、愛着を持って長く使ってもらえるのではないでしょうか。

酒器

お酒が好きなお父さんには、お酒と一緒に酒器をプレゼントしましょう。特に日本酒にこだわりがあるお父さんなら日本酒グラスがおすすです。上品なグラスで、お酒の味だけではなく香りもしっかり味わうことができます。

広告募集中